どこに注意すればいい!?結婚式のマナーについて

招待状がきた時からしっかり対応しましょう

結婚式のマナーは招待状が届いた時から始まっています。招待状は個性をあるものが増えており形式も様々ですが、返信用のはがきは従来の縦書きタイプが多いです。招待状に記載されている期限までに送付するのがマナーですよ。届いてから2~3日以内に送るようにしましょう。仕事などで出席できるか分からない場合は、事情を説明して返信が遅れることを伝えるとよいですよ。メールなどではなく、直接電話で伝えるのが大切なんです。

ご祝儀のマナーについて

ご祝儀にもいろいろなマナーがあります。以前は二という数は二つに割ることができるので縁起が悪いといわれてきましたが、現在はカップルの幸せを祈るということで二万円でも問題ないケースが多いです。四と九はタブーなので、避けましょう。結婚式披露宴が会費制である地域では、一般的な祝儀の相場よりも少ないことがほとんどですよ。土地の風習をしっかり把握しておきましょう。当日はふくさでご祝儀袋を包んでおき、受付で挨拶をして渡すとよいです。

服装はどうすればいいか

披露宴や結婚式や新郎新婦が主役であることを覚えておきましょう。そのため、奇抜な服装やカジュアルすぎる服装はふさわしくないですよ。女性は肩がみえるドレスを着るならば、羽織物を準備しましょう。男性も控えめな服装を意識するのが大事です。ネクタイはシルバーグレーか白、タクシードは黒の蝶タイが基本になっていますよ。バッグを会場に持ち込む場合は、バッグハンガーなどでテーブルにかけて置くとよいです。このようなポイントを抑えて、新郎新婦に迷惑をかけないようにしましょう。

天神の結婚式場は理想にぴったりの結婚式場を!ガーデンチャペルは好きなお花や装飾で、自分だけのオリジナルチャペルに。